広島の注文住宅メーカー株式会社イワキの家づくり

tit_technology

ゼロエネルギー住宅について

ゼロ・エネルギー住宅とは

住宅の断熱性能等の向上に資する先導的な省エネ技術の導入や再生可能エネルギーの活用等により、年間の一次エネルギー消費量がネットで(正味)概ねゼロとなる住宅です。

目 的

  • 省エネルギー化と再生可能エネルギーの活用による「ゼロ・エネルギー住宅」の普及促進
  • 省エネルギー化・・・LED、躯体の高断熱化、ガラス(遮熱・断熱)、屋上緑化、高効率エアコン、民生用燃料電池(エネファーム)等
  • 再生可能エネルギーの活用・・・太陽光発電、定着用リチウムイオン蓄電池

住宅のゼロ・エネルギー化推進事業(ゼロ・エネルギー化推進室)

ゼロエネルギー住宅に関するイワキの取り組み

弊社では、今まで太陽光発電の取付・施工について下記のような問題の理由から研究・検討を重ねてきました。

1.  近年悪質リフォーム会社による太陽光発電機器のクレーム問題
雨漏れ・建具不良等 ※消費者センターによるクレーム件数の増加へ
2.  国が推奨している太陽光発電システム自体への不安
積載・積雪荷重による構造基準が不明瞭(リフォームでは構造計算無しに搭載)
従来の太陽光パネルでは、熱変換効率が低い(熱変換効率5%以下…雨天・曇天・雪で効率が低い)
3.  太陽光パネルの性能は年々改善されているが、
  下地となる屋根に設置する架台やパーツ等の耐久性が疑問
腐食による雨漏れなど
4.  将来の買取価格の不安
再生可能エネルギーの固定価格買取制度が全面的な見直しを迫られています。企業によるメガソーラーの設置が相次いだため、太陽光発電の発電量が導入計画量を上回ったことが理由です。
今後の見直しが進めば、家庭からの太陽光発電の買取制度も規制が厳しくなっていく可能性があります。

しかしながら、現在の日本のエネルギー事情や年々消費者の省エネ意識の高まりを踏まえ、この度パナソニックと手を組むことで、1kwの発電量が業界最高水準のアモルファスシリコン(熱変換効率6%~12%)を使ったHIT及び架台の性能にも拘り、耐久性に富んだ高耐食溶融めっき鋼板ZAM仕様(ZAM…亜鉛、アルミニウム、マグネシウムのめっき層をもつ)で太陽光パネルの懸案事項を解決することができました。

「低炭素住宅」についての詳細はこちら(国交省HP)

ご契約いただいたお客様や既にお住まいになられているお客様へ

太陽光パネルを新たに設置する場合には、防水保証面において
リフォーム瑕疵保証の申請が必要となります。(設置後5年間の保証となります)

  1. 弊社にて設置希望されるお客様へは、弊社にて申請手続きをさせていただきます。
  2. 弊社にて設置希望されるお客様へは、弊社の施工業者にて責任を持って施工することで、
    新築時から合わせて弊社が継続保証をいたします。

※リフォーム申請を行わず設置された場合は、保証が失効いたします。
ただし、積載荷重・積雪荷重及び屋根の形状・パネル設置位置等の問題もあり、対応出来かねる場合も生じますので、改めてご了承の程よろしくお願いいたします。

Technology